刈払機を使用する前に、仕組みや注意点を把握しておこう

安全のために

作業時は、本来であれば刃の手元側にシャフトを通して防護カバーを装着して作業を行うことが法律で義務付けられています。
ただ、狩った雑草類がシャフトとカバーの間に挟まって、取り除く手間が増え、作業効率が落ちることを厭い、現状としてこの防護カバーを外したままで刈払い作業を行う人が多く、自己の発生要因のひとつとなっています。

基本的に使用時は肩紐で本体を吊った状態で作業を行うといった方法をとります。
前述のキックバック事故を発生させないためには、肩から吊っただけでは不足であり、最低でも肩と腰の2本のベルトで体に固定する必要性がありま… Read more

注意点

■取り扱い時の注意点
使用時は回転刃が高速で回転するため、刈払い作業には十分注意して使用しなければなりません。
農業機械による負傷事故の中でも、とりわけ刈払機による作業事故が非常に多く発生しています。
また、刈払機を労働時に扱っている農家の9割近くの人が事故につながる恐れのあった体験をしているという調査結果もでています。

安全に作業を行うためには、回転刃が作業者から見て左回転の場合、左へ振るときに草を刈り、右へ戻すときには狩らないようにする必要性があります。
これは高速回転している刃の右側が固い草や木の茎など… Read more

回転鋸の種類

■回転鋸(刃)
この回転鋸は最も一般的な刈払機です。
ナイロン紐性の芝刈り用や、1cmを超える灌木用の超硬度合金を埋め込んでいる回転刃などがあります。
用途や対象別などで、さまざまな種類にわけることができます。
主な回転鋸として以下のものがあります。

・ナイロンカッター
一般的に芝草用に使用します。
回転盤に太いナイロン紐がいくつか取り付けられており、高速回転をすることでムチを鋭く叩きつけることと同様の原理により切断力を与え、草を刈ります。
それぞれの紐は先端部から少しずつ摩耗していき… Read more